シドニー発ファッションブランド『Assembly Label』

オーストラリアのファッションブランド事情を見てみると、サーフィンから発祥したブランドが多いことに気づきます。

Quicksilver (クイックシルバー)』や『Billabong (ビラボン)』『Roxy (ロキシー)』など、これらはサーフィンブランドとして生まれたものです。

最近では『Deus Ex Machina (デウス エクス マキナ)』や『State of Escape (ステート オブ エスケープ)』も有名ですね。

今回は、日本人がまだ知らない(けれどカッコいい)オーストラリアのファッションブランド『Assembly Label (アッセンブリー レーベル)』について書きたいと思います。

f:id:nowdays_nn:20191020150722p:plain

Assembly Labelは、2011年にシドニーで立ち上げられたブランドです。

https://assemblylabel.com

f:id:nowdays_nn:20191020150752j:plain

オーストラリアの沿岸部で、リラックスしたビーチライフを送る人たちに向けて作られました。

デザインはとにかくシンプル!白やグレーなどモノトーンなカラーリングで、シャツやTシャツ、パンツ、パーカーなど製品点数も限られていて、だいたいが無地、もしくはブランド名等がプリントされているのみ。余計なデザインが一切ありせん。

f:id:nowdays_nn:20191020150820j:plain

f:id:nowdays_nn:20191020150823j:plain

シドニーの街中を歩いていると「ASSEMBLY LABEL」とシンプルにプリントされたTシャツやトートバッグを持っている人を見かけることがありますが、こちらのブランド製品ですね。

立ち上げたのは、Damien HoranさんとDaniel Oliverさんのお二人。

f:id:nowdays_nn:20191020150956j:plain

シドニーには、5店舗ほどあります。都心から一番近いのはPaddingtonの店舗でしょうか。Green Squareの駅のほうにSurplus Storeというアウトレット店舗もあります。私はいつもBondi Beach近くのストアに行きます。ビーチから少し離れたBondi Road沿いにあります。

f:id:nowdays_nn:20191020151301j:plain
f:id:nowdays_nn:20191020151316j:plain

店舗内は白を基調としていて、メンズとレディースでエリアが分かれています。商品点数は少なめなので、サイズや色違いは店員さんに聞くのがベター。

f:id:nowdays_nn:20191020151353j:plain

シルエットはややゆったり目です。なので日本人であれば、サイズはXSSがよいと思います。

Tシャツでだいたい$50$60ですが、一度メンバーシップになるとディスカウントのメールマガジンが届くので、それを使うと安く手に入ります (友達と共有することもできるのでオススメ)

f:id:nowdays_nn:20191020151546j:plain

私はTシャツを$25引き (半額)で手に入れることができました。ちなみに製品を買うと下の写真のようなトートバッグに入れてくれるので、このトートバッグは色々と使えます (これとは別にキャンバス地のトートバッグが販売されてますが、これで十分な気がする)

f:id:nowdays_nn:20191020151139j:plain
f:id:nowdays_nn:20191020151209j:plain

日本でもZOZOTOWNや一部のセレクトショップで取り扱いがあるようですが、まだまだマイナーなブランドだと思うので、シドニーにお越しになった際には立ち寄ってみるといいでしょう!

オーストラリア住まいの方たちも、Made in Australiaのブランドを着こなしてみるのもよいのではないでしょうか。

お店の情報

221 Bondi Rd, Bondi NSW 2026

シドニー市内に複数店舗がありますが、Bondi Storeの店舗情報を代表として載せておきます。

圧倒的なクオリティの高さを感じる日本発ラーメン

シドニーには200店舗以上のラーメン店があり、飲食店を検索する際に「ラーメン」というカテゴリーが独立して存在しているくらい、ラーメンは人々の間で浸透しているポピュラーな料理となっています。

数あるラーメン店の中で、高いクオリティのラーメンを提供しているのが、日本でもお馴染みの『一風堂』です。

1985年に博多で創業以来、日本国内には100店舗以上を構える人気店となりました。海外だと、2008年にニューヨークに初めて進出したのを皮切りに60店舗以上展開しています。シドニーには2019年現在4店舗あります。

一風堂といえば、ラーメンが来るまで、備え付けのもやしナムルをご飯にかけて食べていたのを思い出します。ルイボスティーの存在を初めて知ったのも一風堂でした。私の人生の中で、かなりお世話になったラーメン屋さんです。

そんな一風堂を経営しているのは「力の源カンパニー」という会社ですが、彼らが最近新たに展開しているラーメンブランドが『五行 (ごぎょう)』です。

日本だと東京の西麻布や京都に店舗があります。ラーメンだけを食べるだけではなく、お酒を飲んだり、つまみを食べたりしながら、最後にラーメンで〆る「ラーメンダイニング」という新しいラーメンの食事の仕方を提案しているお店です。

そんな五行が『Gogyo 五行』として、20181月にシドニーSurry Hillsに世界初進出をしました。

シティの東側に広がるSurry Hills (サリーヒル)エリアは、住宅地の中にお洒落なカフェや飲食店がたくさんあり、最新の話題店やアンテナが高い高感度な人たちが集まる場所です。

お店は、住宅地の中にぽつんとあり、看板もシンプルなので分かりづらいです。

f:id:nowdays_nn:20191007153038j:plain

店内は日本のラーメン店のようにカウンター形式ではなく、テーブル席などがあり広々としていました。お酒のバーカウンターもあり、ラーメン店というより完全にレストランです (一人だとカウンター席に通されます)

f:id:nowdays_nn:20191007153034j:plain

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

Looking for the ideal spot for an end of year catchup? Book a table at http://ippudo.com.au/gogyo/

Gogyo Surry Hillsさん(@gogyo.au)がシェアした投稿 -

メニューはラーメン以外にも色々ありました。

隣の西洋人カップルは、ビールと餃子を食べながら談笑していて、最後にラーメンで〆ていました。まさにお店のコンセプト通りの食事をしています。

 お昼だったので、私はラーメンだけにしました。いくつか種類があるのですが『Kogashi Shoyu (焦がし醤油)($18)にしました。シドニーのラーメンの平均価格は$15前後なので、少々高めです。

f:id:nowdays_nn:20191007153033j:plain
スープを一口飲んでお世辞抜きに「あ、これは美味い」と思いました。見た目は黒っぽいですが、しつこくないです。メニュー名の通り、醤油かソースを炒めたときの焦がした香ばしい香りがしました。

表面にラードの膜があるので、スープは熱々です。オーストラリア人など外国人は、熱いスープに慣れていないので、実はあえて熱々にしていない店舗が多いのですが、ここは日本の本場の出来立て=熱々を提供していました。

f:id:nowdays_nn:20191007153020j:plain
麺は中細のストレート麺で、リングイネみたいに少し平べったい形をしていました。ラーメンではあまり馴染みがない食感で面白かったです。

日本のクオリティをそのままシドニーに持ち込んだだけあって、やはりレベルは他店よりも頭一つ抜けていると感じました。次回は他のラーメンを食べてみたいと思うくらい、再訪をそそるお店です。

店内がお洒落で、ラーメン以外にも食事メニューが色々あり、お酒も飲めるので、夜の食事としても使えますし、デートでも利用できると思います。

お店の情報

52-54 Albion St, Surry Hills NSW 2010

https://www.zomato.com/sydney/gogyo-surry-hills

日本の書籍が手に入る古本店

最近、紙の本を読まなくなったなと思いました。

2018年の書籍の売上データを見てみると、紙の書籍は2014年から減少していて、電子書籍は増加しているというのが、諸外国どこも同じ傾向です。これはオーストラリアも然りです。

f:id:nowdays_nn:20191006224930j:plain

そんな中で、シドニーで日本の紙の書籍を手に入れたくなったときにはどうすればいいのでしょうか。

そんなニーズに応えてくれるお店が『Hondarake full of books (ほんだらけ)』という古本店です。

場所はシティ中心地のDarling Harbourにあります。Liverpool StreetSussex Streetの角にあるCommerce Building2階にあります。入り口はSussex Streetではなく、その裏のDixon Street側にあります。少し分かりづらいかもしれません。

フロアにはこのお店くらいしかないので、すぐに分かります。古本を中心に様々な書籍が陳列されています。

f:id:nowdays_nn:20191006224818j:plain

少年ジャンプなどの週刊誌やファッション雑誌もあります (ただし、号数的にはちょっと古いですね)

f:id:nowdays_nn:20191006224826j:plain

漫画も所狭しとたくさんありました。やはり海外の人たちから漫画の需要は高いのかもしれません。漫画は作品などにもよりますが、一冊$45くらい。こうやって見ると、本屋というよりも漫画喫茶に近い雰囲気。

f:id:nowdays_nn:20191006224835j:plain

実際、店舗の奥は漫画喫茶の『FOB LOUNGE』という店舗になっていて、漫画を自由に楽しむことができるスペースがあります。ビジターだと1時間で$5なので、そこまで高くないですね。

f:id:nowdays_nn:20191006224846j:plain

文庫小説や、ハードカバーの小説、それから料理本やビジネス書籍など、一通りの種類の本はあるといった感じです。

f:id:nowdays_nn:20191006224840j:plain

個人的にこのお店の価値は、英語の参考資料系にあると思いました。

冒頭でも触れた通り、いまはAmazon Kindleなどのタブレットで書籍が買えてしまうので、わざわざ海外で紙の書籍を買うメリットはあんまりないんですよね…(オーストラリアを発つときに荷物になる問題がありますし)

IELTSなどの学習書籍は、あんまり電子書籍化されていないのと、単語帳などの書籍は日本ならではなので、海外現地の本屋で手に入りにくいのです。

ここには色々と日本の学習参考書籍が置かれていたので、シドニーに来てから追加で勉強用の書籍が欲しいと思ったときには重宝する場所だと感じました。

f:id:nowdays_nn:20191006224850j:plain

ちなみにホームページ上では、店舗に置かれている書籍をオンラインで購入できて国内外への配送サービスを受け付けてくれているようです。

お店の情報

Level 2/39 Liverpool St, Sydney NSW 2000