観光客ではなく住民に愛されるカフェ

シドニー中心地からまっすぐ東に進んだところに、Bondi Beach (ボンダイ ビーチ)という非常に有名なビーチがあります。

シティからのアクセスの良さもあって、観光客は必ずといっていいほど訪れる場所の一つです。関東圏でいうところの湘南でしょうか。観光スポットということで、多くの飲食店が軒を連ねているわけですが、どのお店に入るべきか悩みます。

こういうときには観光客に人気のお店よりも、周辺に住むローカルの人たちに愛されるお店を探すと外れません。今回はそんな地元の人々に愛されていて、私もリピートしているカフェについて書きたいと思います。

まず、良い飲食店はNorth Bondiという北エリアに多い傾向にあります。中心地には飲食店の数が多いですが、観光客向けのお店が多いので、少し静かな北エリアに移動するのがオススメ。

その北エリアのバス停の目の前にあるのが『The Depot (デポ)』というカフェです。

f:id:nowdays_nn:20190827231942j:plain

バスだと333380で目の前まで行くことができます。私はいつも週末に行くのですが、毎回お客さんで賑わっています。客層は観光客よりも住民の人たちのほうが多めなので、常連っぽいお客さんと店員さんとの談笑や慣れ親しんだやり取りが心地いいです。

f:id:nowdays_nn:20190827232248j:plain

f:id:nowdays_nn:20190827232318j:plain

オープンしたのは2007年らしいですが、もっと以前から存在していたかのような佇まい。店内はそこまで広くなくて、アットホームが雰囲気が流れています。

f:id:nowdays_nn:20190827232305j:plain

コーヒーはオーストラリアの焙煎業者『DC Specialty Coffee Roasters』の豆を使っているそうです。

f:id:nowdays_nn:20190827232330j:plain

ハンバーガ($16)は、個人的にバンズが気に入りました。

f:id:nowdays_nn:20190827232244j:plain

フランスパンのようにバリバリと固めで歯ごたえがあります。どうやら『Sonoma』というベーカリーから取り寄せているとのこと。

f:id:nowdays_nn:20190827231959j:plain

食材にもこだわっていて、提供するメニューに使用する蜂蜜やハーブ、果物や野菜は自分たちで生産しています。

私がこのお店を気に入っているのは、Wi-Fiを提供している点もあります。

オーストラリアは素敵なカフェが多い一方で、Wi-Fiを提供している店舗は意外と少ないのが実情です (回線コストがけっこーかかるのが理由だと思いますが)Wi-Fiがあると、ノートPCでインターネット繋ぎながら少し仕事したり、調べ物したりしながら過ごすことができるので、ありがたいのです (このお店は少しガヤガヤと賑やかなほうなので集中するには不向きです)。

海風を感じながら、ローカルな雰囲気の中で食事したり、作業するのにオススメな場所の一つです。

お店の情報

286 Campbell Parade, North Bondi NSW 2026

https://www.zomato.com/sydney/the-depot-bondi-north-bondi