手打ち麺が名物の辛旨い担々麺

先日、取引先の方からめちゃくちゃ美味しいとオススメされた担々麺のお店に行ってきました。

シドニーはハーバーブリッジを境に、エリアが大きく北と南に分かれており、中心地の南側をCBD (Central Business District)、北側をNorth Sydneyと呼んでいます。

日本企業の支店は、多くが北側にオフィスを構えているため、日本人駐在員の多くは北側に住んでいます (そのため、日本食レストランも北側に多い傾向)。今回の担々麺のお店は、北エリアのChatswood (チャッツウッド)という場所にあります。

私含めCBD (シドニーの南側)に住んでいる人たちは、買い物や食事がすべて南側で完結するため、あまり北側に行く機会がありません。違うエリアに訪れてみるのは楽しいです。

お店は電車の駅からすぐ近くにある商業施設の地下のフードコートにありました。

f:id:nowdays_nn:20190831160650j:plain

Grape Garden Beijing Cuisine  (グレープ ガーデン)』という名前の中華料理屋です。中国語では『葡萄園北京小吃』と書かれています。

f:id:nowdays_nn:20190831160629j:plain

ずっとこの場所で繁盛し続けているようで、老舗っぽく雰囲気がありました。お客さんはほとんどアジア系で常連さんが多い模様。

メニューを見ると、Hand Made Noodles (手打ち麺)を使った料理が名物のようです。

担々麺もこの手打ち麺を使われているようだったので、早速「Pork Dan Dan (担々麺)」を注文しました ($11)。ちなみに、支払いは現金のみなので要注意です。

f:id:nowdays_nn:20190831160616j:plain
日本人駐在員の間では有名なお店なのか、私がいる間にも23組日本人を見かけました。店員さんも片言で日本語を喋ってくれて、とてもフレンドリーです。

フードコートなので、自分のテーブルまで料理が運ばれるわけではなく、料理が出来次第、店員さんが大声で料理名を叫んで指を指されるので、自分でカウンターまで料理を取りに行くスタイルです。

注文する際に「辛いけど大丈夫か?」的なことを訊かれた理由が納得するくらい、見た目からして辛そうです。

f:id:nowdays_nn:20190831160603j:plain

結論、ものすごく辛いのですが、炒めた豚ひき肉の脂が香ばしく、唐辛子の辛さとスープがよく合います (ただ、滝汗をかくほど辛いので、辛いのが苦手な人は止めておいたほうがいいでしょう)。日本の担々麺はゴマの風味がよく効いてますが、ここのお店はゴマを使ってないようです。

特筆すべきは麺で、モチモチとコシがあってスープによく絡んで非常に食べ応えがありました。通常のラーメンの麺よりも太く、讃岐うどんに近い印象です。

f:id:nowdays_nn:20190831160546j:plain

カウンターで作っているのを見かけましたが、円状に丸められた麺をするすると手で細くしながら、何度も引き伸ばして台に叩きつけていました。この作業を繰り返してコシを出しているんですね。

f:id:nowdays_nn:20190831160535j:plain
隣の人たちが食べていた麻婆豆腐ライスとジャージャー麺が旨そうでした。調べてみると、焼き餃子もオススメみたいなので、次回は焼き餃子を食べてみたいです。

お店の情報

427-441 Victoria Ave, Chatswood NSW 2067

https://www.zomato.com/sydney/grape-garden-beijing-cuisine-chatswood