麺の種類とソースを自由に選べるパスタ専門店

日本にいるとパスタランチは定番ですが、シドニーにはパスタを気軽に食べられるお店が多くありません。

イタリアンレストランはありますが、格式高いお店が多く、コスト的にも店内の雰囲気的にも、日常的に使えるお店が少ない印象です。

世界のパスタ消費量を調べてみると、一人当たりの年間消費量では、イタリアが圧倒的に1位で25.3kg、対して日本は1.7kgなんですよね。日本人の15倍近くのパスタを食べてるイタリアはさすが本場です。ちなみに、冒頭でシドニーにはパスタが気軽に食べられるお店が少ないと書きましたが、消費量ではオーストラリアは4.0kgと日本よりも多い結果に。なぜだ….(謎です)

f:id:nowdays_nn:20190915194706p:plain

そんな中、シドニーでパスタだけを扱う専門店を友人から教えてもらいました。カジュアルな雰囲気で一人でも入りやすいので共有します。

お店は『The Italian Bowl (イタリアン ボウル)』といって、シティから電車で2駅のNewtown (ニュータウン)にあります。

f:id:nowdays_nn:20190915194834j:plain

頼み方は2ステップを踏みます。

まず最初に、パスタの種類を選びます。フィットチーネリングイネ、スパゲティやペンネなど全部で7種類あります。

f:id:nowdays_nn:20190915194854j:plain

お客さんが食べている様子を眺めると、半分くらいの人たちがフィットチーネ(平たいやつ)を頼んでいるようでした。 

パスタを選んだら、次にソースを選びます。全部で18種類ほどあるので迷います。選ぶソースによって価格が4段階に分かれています (ネタによって皿の色が変わる回転寿司みたい)。一番安いのはナポリタンとアラビアータで$14。ボロネーゼは$16カルボナーラとかは$18ですね。

f:id:nowdays_nn:20190915194840j:plain

初めて行ったときは、フィットチーネでオイルベースのシーフードパスタにしました。オイルベースは少し塩気が足りないかも。

f:id:nowdays_nn:20190915194912j:plain

ということで2回目のときは、フィットチーネカルボナーラにしました。

にんにくが効いたクリームソースがフィットチーネによく絡まります。トマトソース系もよく頼まれているので、次回はボロネーゼとかトマトソースベースを頼んでみようと思います。

f:id:nowdays_nn:20190915194826j:plain

ただ、パスタだけで$20近くになると、少し割高な印象なのも否めません。

日本であれば1,500円出したら、サラダや飲み物も付いてきますからね (そしてちゃんと美味しい)。やはり海外にいると、日本の外食のコストパフォーマンスに改めて驚かされます。

お店の情報

255 King St, Newtown NSW 2042

https://www.zomato.com/sydney/the-italian-bowl-newtown