朝ごはんにオススメなヨーグルト

私は日本にいたときにヨーグルトを毎朝食べていました。

日本にはブルガリアヨーグルトをはじめ、明治のR-1LG21、ダノンなど、様々なヨーグルトが発売されています。

オーストラリアはオージービーフが有名なので、一見酪農が盛んなイメージがありますが、意外にも日本と差はそこまでありません (日本よりやや多いくらい)。牛乳の生産量では実はお隣のニュージーランドのほうが2倍近くあったりします。

とはいえ、私はオーストラリアの牛乳のクオリティは圧倒的に日本よりも高いと感じています。品種が違うのか生産の過程が違うのか詳しくはよく分かりませんが、とにかく味が濃厚で美味しい!オーストラリアで生まれた日本人の子どもが、現地の牛乳の味に慣れてしまうと、日本の牛乳を一切受け入れないそうです。

で、同じ乳製品であるヨーグルトも当然美味しいわけですが、コストパフォーマンスや品質などの面から一番オススメなのが、Harris Farm (ハリス ファーム)のヨーグルトです。

オーストラリアのスーパーは、ColesWoolworths2大ブランドが寡占している状況ですが、この2店舗とは異なり品質やオーガニックにこだわって独自路線をいっているスーパーがHarris Farmです。店舗数が少なく、値段もやや高い傾向ですが、フルーツなどを買うときは私はHarris Farmを利用しています。

f:id:nowdays_nn:20190916210414j:plain

フルーツや野菜は瑞々しくて、陳列も綺麗。店内も明るくて日本のデパ地下の生鮮食品売り場のよう。

f:id:nowdays_nn:20190916210337j:plain
f:id:nowdays_nn:20190916210255j:plain

乳製品コーナーに行くと、様々なヨーグルトが販売されています。ダノンなど既成ブランドではなく地方メーカーや自社ブランドの製品が多いです。

f:id:nowdays_nn:20190916210303j:plain

f:id:nowdays_nn:20190916210247j:plain

私のオススメは、Harris Farm自社ブランドのヨーグルトで、Unsweetened (無糖)タイプのものです。1kg ($7.49)2kg ($9.49)のタイプがあります。

今回、お店に行ったときは2kgがなかったので1kgを買いました。1kgのタイプはマンゴーやパッションフルーツなど、フルーツ入りのものもあります。

f:id:nowdays_nn:20190916210248j:plain

f:id:nowdays_nn:20190916210244j:plain

コスパを考えると断然2kgのタイプです。バケツのような容器に入っています。一人で毎朝食べても1ヶ月もちます (賞味期限もそれくらいなのでちょうどいい)

Colesなどに売られている既成ブランドのヨーグルトように様々な加工が施されておらず、味が濃厚で、加糖ではないので酸味がストレートにくるナチュラルさがお気に入りです。

私は、この無糖ヨーグルトに、オーストラリア産のハチミツをかけて食べています。ハチミツは、ファーマーズマーケットとかでよくオーガニックなものが売られているので、自分のお気に入りのものを探して買うと楽しいと思います。グラノーラやフルーツなどを足しても美味しいですね。胃腸に負担をかけやすい海外の食生活において、ヨーグルトはお腹の調子を整えてくれるので、毎朝に摂りたいものです。

品質、コストパフォーマンスともに文句なしの商品なので、オーストラリア在住の皆さんにオススメです!