シドニー発ファッションブランド『Assembly Label』

オーストラリアのファッションブランド事情を見てみると、サーフィンから発祥したブランドが多いことに気づきます。

Quicksilver (クイックシルバー)』や『Billabong (ビラボン)』『Roxy (ロキシー)』など、これらはサーフィンブランドとして生まれたものです。

最近では『Deus Ex Machina (デウス エクス マキナ)』や『State of Escape (ステート オブ エスケープ)』も有名ですね。

今回は、日本人がまだ知らない(けれどカッコいい)オーストラリアのファッションブランド『Assembly Label (アッセンブリー レーベル)』について書きたいと思います。

f:id:nowdays_nn:20191020150722p:plain

Assembly Labelは、2011年にシドニーで立ち上げられたブランドです。

https://assemblylabel.com

f:id:nowdays_nn:20191020150752j:plain

オーストラリアの沿岸部で、リラックスしたビーチライフを送る人たちに向けて作られました。

デザインはとにかくシンプル!白やグレーなどモノトーンなカラーリングで、シャツやTシャツ、パンツ、パーカーなど製品点数も限られていて、だいたいが無地、もしくはブランド名等がプリントされているのみ。余計なデザインが一切ありせん。

f:id:nowdays_nn:20191020150820j:plain

f:id:nowdays_nn:20191020150823j:plain

シドニーの街中を歩いていると「ASSEMBLY LABEL」とシンプルにプリントされたTシャツやトートバッグを持っている人を見かけることがありますが、こちらのブランド製品ですね。

立ち上げたのは、Damien HoranさんとDaniel Oliverさんのお二人。

f:id:nowdays_nn:20191020150956j:plain

シドニーには、5店舗ほどあります。都心から一番近いのはPaddingtonの店舗でしょうか。Green Squareの駅のほうにSurplus Storeというアウトレット店舗もあります。私はいつもBondi Beach近くのストアに行きます。ビーチから少し離れたBondi Road沿いにあります。

f:id:nowdays_nn:20191020151301j:plain
f:id:nowdays_nn:20191020151316j:plain

店舗内は白を基調としていて、メンズとレディースでエリアが分かれています。商品点数は少なめなので、サイズや色違いは店員さんに聞くのがベター。

f:id:nowdays_nn:20191020151353j:plain

シルエットはややゆったり目です。なので日本人であれば、サイズはXSSがよいと思います。

Tシャツでだいたい$50$60ですが、一度メンバーシップになるとディスカウントのメールマガジンが届くので、それを使うと安く手に入ります (友達と共有することもできるのでオススメ)

f:id:nowdays_nn:20191020151546j:plain

私はTシャツを$25引き (半額)で手に入れることができました。ちなみに製品を買うと下の写真のようなトートバッグに入れてくれるので、このトートバッグは色々と使えます (これとは別にキャンバス地のトートバッグが販売されてますが、これで十分な気がする)

f:id:nowdays_nn:20191020151139j:plain
f:id:nowdays_nn:20191020151209j:plain

日本でもZOZOTOWNや一部のセレクトショップで取り扱いがあるようですが、まだまだマイナーなブランドだと思うので、シドニーにお越しになった際には立ち寄ってみるといいでしょう!

オーストラリア住まいの方たちも、Made in Australiaのブランドを着こなしてみるのもよいのではないでしょうか。

お店の情報

221 Bondi Rd, Bondi NSW 2026

シドニー市内に複数店舗がありますが、Bondi Storeの店舗情報を代表として載せておきます。