ビル群の路地裏にある隠れコーヒーショップ

オーストラリアのコーヒー文化は独自の進化を遂げています。

コーヒーは大別すると「エスプレッソ」と「ドリップ」に分けられますが、オーストラリアはドリップコーヒーがなく、エスプレッソを使ったメニューが基本となります。

もし、日本で一般的なブラックコーヒーが飲みたい人は『Long Black (ロング ブラック)(エスプレッソを水で割ったもの)を頼みましょう。

私は、カプチーノが好きなのですが、オーストラリアではミルクフォームの上にココアパウダーをふりかけるため、『Flat White (フラット ホワイト)(エスプレッソ+スチームミルク)をよく頼みます。ちなみに『Latte (ラテ)』はフラットホワイトに似てますが、少し違います。ややこしい!

オーストラリアのコーヒーのメニューについてわかりやすく図で解説したものがあったので下に載せておきます。

f:id:nowdays_nn:20191023183243j:plain

日本ではサードウェーブ系の『ブルーボトルコーヒー』が流行ったように、新進気鋭のコーヒー店が増えた気がします。その影響もあってか、日本人観光客のオーストラリアのコーヒーへの関心は高まっているように感じます。

今回は、観光ガイドにはなかなか載っていない少しユニークなコーヒーショップをご紹介します。

観光客でもアクセスしやすいシティ中心のCBDエリア内だと、多くの人たちは名が知られた『Single O (シングル オー)』や『Mecca (メッカ)』『Gumption (ガンプション)』あたりに行くのではないでしょうか。

上記のお店にすでに行ったことがある方は、ぜひ『Thunder Hawk (サンダー ホーク)』に行ってみてください!

シドニー在住の方でも知っている人が少ないコーヒーショップではないでしょうか。

場所はCBD中心のGeorge Street (ジョージストリート)から一本入った路地裏にあります。アップルストアがあるところらへんです。

路地の入り口は下の写真なのですが、非常に分かりづらいです。普通の人たちはこの先にお店があることを知らずに素通りします。

f:id:nowdays_nn:20191023183141j:plain

奥に進むとお店の看板がポツンと置いてあります。さりげないところがまた冒険心をくすぐります。

f:id:nowdays_nn:20191023183146j:plain

突き当たりを左に進むと、小さなコーヒーショップが現れます。

f:id:nowdays_nn:20191023183155j:plain

なんと席はビルとビルの間の路地そのもの(外!)なんです。種類の異なる椅子が無造作に通り沿いに置かれていて、みんなそこでコーヒーを飲んでいます。

f:id:nowdays_nn:20191023183212j:plain

豆はSingle Oさんのものを使っているようですね。

雨が降ったときや、リラックスしたいときには不向きですが、都会のアンダーグラウンドな雰囲気でコーヒーをサクッと飲むのも楽しいものです。

f:id:nowdays_nn:20191023183114j:plain

ここはコーヒー以外にも、チーズをたっぷり使ったホットサンドが有名です。とろけたチーズの写真がなんとも美味しそう。

メニューはビルの壁面やダクトに落書きのように描かれていました。

f:id:nowdays_nn:20191023183204j:plain
f:id:nowdays_nn:20191023183159j:plain

ちなみにコーヒー店の奥にはスニーカーショップやインド料理の路面店もあります。知る人ぞ知る感じで面白いですね。

f:id:nowdays_nn:20191023183150j:plain

シドニーCBD内にはビル郡の路地裏に隠れ家的なお店がたくさんあります。観光客向けの情報ではなかなか出てこないと思うので、今後も定期的にご紹介していきたいと思います。

お店の情報

SHOP/3 Temperance Ln, Sydney NSW 2000