郊外にある絶品オイスター専門店

シドニーで地元ならではの美味しい食材を楽しみたいとなったら、やはりオイスター (牡蠣)は外せないでしょう。

f:id:nowdays_nn:20191027171956p:plain

オイスターは産地や品種によって様々な種類があります。シドニーオイスターを食べるなら地元産の『Sydney Rock Oysters (シドニー ロック オイスター)』がオススメです。旬は9月~3月の夏の時期と言われています (日本のRock Oysters、いわゆる岩ガキも夏が旬ですね)シドニーでは他に『Pacific Oysters (パシフィック オイスター)』(日本でいうマガキ)も食べられますが、旬が4月~9月とされていて、Sydney Rock Oystersの旬とズレています。9はちょうど両方の品種が旬なので、オイスター好きは9月にお越しください!

さて、オイスターを食べられるお店は市内にたくさんあるのですが、少し遠出をして観光客向けではなく地元民たちが足繁く通う専門店に行ってみるのはいかがでしょうか。

場所はシドニー市内から車で1時間ほど北上したMooney Mooney (ムーニー ムーニー)というところにあります。この一帯は、Hawkesbury River (ホークスベリー川)が海に流れ込むエリアで、複雑に入り組んだ入江の地形となっています。

幹線道路から一本入った湾岸にポツンと仮設小屋のようなものが建っていて、これがオイスター専門店の『Hawkesbury River Oyster Shed (ホークスベリー リバー オイスター シェド)』です(shedは小屋という意味なのでそのままですね)

f:id:nowdays_nn:20191027170400j:plain

場所が分かりづらいのですが、付近には写真のような看板が立っているので、これを頼りにして向かうといいと思います。

f:id:nowdays_nn:20191027170804j:plain

小屋の中はショーケースの中に食材と調味料などが売られているのみ。飲み物は持参します (近くにパブがあるので、そこでビールやワインボトルなどアルコールを購入することも可能)。グラスは貸し出してくれるので、事前に好きな飲み物を市内で買ってから向かうといいでしょう。

f:id:nowdays_nn:20191027170404j:plain

私が行ったときには、Sydney Rock OystersのみでPacific Oystersはありませんでした。食べ方は3種類あって、そのままストレートの生ガキのものと、上にチーズを乗せて焼くものと、刻んだベーコンにトマトソースやBBQソースをのせてオーブン焼きするKilpatrick (キルパトリック)というメニューです。キルパトリックはオーストラリアでは一般的なオイスターの食べ方の一つなので覚えておくとよいと思います。

ストレートな生ガキは1ダース(12)$23、キルパトリックは6個で$17でした。

f:id:nowdays_nn:20191027170408j:plain

さて、オイスター以外にサーモンやエビなども売られていたので、エビ (2種類あったのでTiger Prawnsのほうにしました)を頼みました。これは0.5kg$16です。

f:id:nowdays_nn:20191027170928j:plain
小屋を出た外にテーブルが置かれていて、各々持ち込んだお酒と共に自由に料理を楽しみます。海と思えないような静かな湾岸沿いで白ワインとオイスター、エビをひたすら好きなだけ食べる時間は至福です。

f:id:nowdays_nn:20191027170418j:plain

Sydney Rock Oystersは、日本で見かける一般的なサイズよりずいぶん小ぶりです。ただし、味が濃厚で食べ終わるときに、少しビターな苦味が残り大人な味わいです。レモンを少し垂らすと、爽やかになります。

白ワインは、オーストラリアにいると、とにかく美味しいソーヴィニヨンブランを頼みがちですが、キリリと冷えた辛口のシャブリやシャルドネのほうがオススメ。

f:id:nowdays_nn:20191027170428j:plain

下の写真がKilpatrick (キルパトリック)ですね。上にかけたソースの味が前面にくるので、オイスターの磯の香りが苦手な人や生ガキを避けたい人にはオススメ。個人的には、生のオイスターのほうが好きですが。

f:id:nowdays_nn:20191027170335j:plain

ついでに買ってみたエビ (Tiger Prawns)ですが、予想以上に美味しくてビックリしました。ボイルしただけなのですが、塩味がちょうど良くて、どんどん食べてしまいます。

f:id:nowdays_nn:20191027170347j:plain

後で気づきましたが、日本で高級品種とされる車海老と同じ仲間だったんですね。$16でこれだけたっぷり食べられるのであればコストパフォーマンス抜群だと思います。

小屋の裏手には、殻付きのオイスターがどっさり置かれていました。

f:id:nowdays_nn:20191027170434j:plain

Mooney Mooneyは、地図で見るとシドニー都心からずいぶん離れているように見えますが、車だと1時間程度なので、日帰りで半日もあれば行ける場所です。

また、付近にはキャンプ場などあったので、1泊で行ってBBQしながら小屋で買ったオイスターやエビを楽しむという過ごし方もアリだと思います。週末の過ごし方として、美味しいオイスターを食べに郊外に出かけるのはいかがでしょうか。

f:id:nowdays_nn:20191027170422j:plain

お店の情報

6 Kowan St, Mooney Mooney NSW 2083